共和国広場


View Larger Map

共和国広場は、ローマがイタリア共和国の首都になった時に、都市計画で再整備された場所です。
エレガントなブティックが立ち並んでいたという19世紀の円柱が並ぶ回廊ですが、現在では銀行、旅行代理店、カフェテリアが軒を並べています。この広場の中心部にはナイアディの泉があります。この噴水のマリオ・ルテッリ作の4体の裸の妖精は、1901年に大衆に発表された時は1つのスキャンダルとなりました。
4体の像それぞれがさまざまな形で水を象徴しています。タツノオトシゴは大洋を、海ヘビは川を、白鳥は湖を、そして興味深げなトカゲは地下を流れる小川を表しています。
1911年に追加された中央の「グラウコ」の像は自然の脅威に対する人の支配を象徴するものです。
共和国広場のすぐそばには、ツーリストインフォメーションオフィス(目立たない場所にあり案内標識もあまりないので、わかりにくい)のあるパリージ通り(Via Parigi)、有名ショップが立ち並ぶナツィオナーレ通り(Via Nazionale)があります。

    Our Offers
  • SHOCK OFFER UP TO 40% DISCOUNT

    Book now
  • SHOCK OFFER UP TO 40% DISCOUNT BUFFET BREAKFAST SERVED ON THE ...

    Book now
  • FLEXIBLE RATE - REFUNDABLE

    Book now
  • WEEK END SPECIAL OFFER NOT REFUNDABLE

    Book now
  • WEEK END SPECIAL OFFER NOT REFUNDABLE AMERICAN BUFFET BREAKFAST...

    Book now
  • SPECIAL OFFER NOT REFUNDABLE 3 NIGHTS

    Book now
  • SPECIAL OFFER NOT REFUNDABLE

    Book now