労働文明宮


View larger map

EUR(エウル)地区の開発は、1920年、ファシスト政権下のムッソリーニ時代に始まりました。 その後、第二次世界大戦とムッソリーニの死刑執行により中断されました。しかしながら、エウル地区は現在でもローマで人気のエリアで、そのシュールレアリズム的な建築物は、デ・キリコをはじめとして、ローマの超現実的建築物を生み出した実に多くの芸術家たちに多大な影響を与えました。
中でも、四角いコロッセオの別名を持つ労働文明宮は、グエリーニの命により30年代初めに作られました。
その建築様式や建築技術は「現代建築」として知られていますが、現代、という言葉はファシズム時代の傑作という意味でここでは使用されています。エウル地区は、建築学的にこの時代様式の影響を受けた建造物が多い地区で、ローマで有名な建物の一つである労働文明宮もその典型的な例と言えます。
近年、四角いコロッセオはコマーシャル用に大手スポーツメーカーによって使用されていましたが、ローマの文化・芸術局の反対を受けました。

    Our Offers
  • SHOCK OFFER UP TO 40% DISCOUNT

    Book now
  • SHOCK OFFER UP TO 40% DISCOUNT BUFFET BREAKFAST SERVED ON THE ...

    Book now
  • FLEXIBLE RATE - REFUNDABLE

    Book now
  • WEEK END SPECIAL OFFER NOT REFUNDABLE

    Book now
  • WEEK END SPECIAL OFFER NOT REFUNDABLE AMERICAN BUFFET BREAKFAST...

    Book now
  • SPECIAL OFFER NOT REFUNDABLE 3 NIGHTS

    Book now
  • SPECIAL OFFER NOT REFUNDABLE

    Book now